敏感肌でも安心して使えるおすすめ化粧品

安心して使えるおすすめ敏感肌化粧品ランキング

敏感肌は、化粧品をつけるだけで肌がヒリヒリしたり、赤くなったり、かゆくなったり・・・刺激に過敏に反応してしまうデリケートな肌。

敏感肌の主な原因は「乾燥」です。肌の乾燥を防ぐためにはしっかり保湿することが大切。

当サイトでは、敏感肌でも安心して使える優秀な化粧品とその口コミを徹底的に調査。安心して使えるおすすめ敏感肌化粧品を口コミと一緒にランキングにしました。

また、敏感肌の原因やプロに聞いた正しいスキンケア方法、失敗しない敏感肌化粧品の選び方も併せてご紹介します。

目次

敏感肌とは?

敏感肌とは

敏感肌とは、季節の変わり目や生理前後、体調が悪い時に皮膚の角質層のバリア機能が低下して、刺激に敏感に反応する肌のことです。

また、働く女性が日々感じているストレス、睡眠不足による肌荒れが敏感肌の原因となることも最近わかってきました。

敏感肌は、特定のものに反応するのではなくいろいろなものに反応します。

ある特定のものに過敏に反応するようならアレルギーの可能性もあります。

皮膚に赤みやかゆみの症状がでていているのならアレルギーの可能性もあるので、皮膚科に行って診てもらいましょう。

生まれつき敏感肌の人はいない

「私って敏感肌かも」と感じている人は多いですが、実は生まれつき敏感肌の人はいません。

そもそも、医学的には「敏感肌」というのは定義されていないので、「乾燥肌」「普通肌」「脂性肌」「混合肌」はあっても「敏感肌」というのはありません。

どんな人が敏感肌になるの?

まず敏感肌になる人には3つのタイプがあります。

  • ・もともと肌が薄く乾燥しやすい人
  • ・間違ったスキンケアをしている人
  • ・アレルギー体質の人

<もともと肌が薄く乾燥しやすい人>
小さいころから、肌が荒れやすく、アトピーだったという人は、皮膚の保湿機能が十分でなく、外からの刺激に過敏に反応しやすいため、敏感肌の可能性があります。

<間違ったスキンケアをしている人>
もともと普通肌なのに、洗顔のし過ぎや食生活が乱れている、間違ったスキンケアをしているなどの理由で、肌が敏感になっている可能性があります。

<アレルギー体質の人>
敏感肌はアレルギーが原因の可能性もあります。両親がアレルギーを持っている場合は遺伝する可能性が高いですし、喘息になってことがある、食べ物やハウスダストなどによってじんま疹や咳が出やすい、などの経験がある場合、アレルギーが原因であることが考えられます。

敏感肌の原因は?

敏感肌の大きな原因は5つ考えられます。

  • ・間違ったスキンケアを行っている
  • ・洗顔のし過ぎ
  • ・季節の変化
  • ・食生活、生活習慣の乱れ
  • ・アレルギー

<間違ったスキンケアを行っている>
肌の水分量や皮脂量は年々減っていくのに、若いころと同じお手入れを続けているのはNG。 若いころは水分や油分が十分にあるのでモチモチ潤い肌ですが、年齢を重ねていくと徐々に水分や油分が減り肌が乾燥しやすくなります。 若いころはサッパリ系で大丈夫でも、年齢を重ねると肌の水分量は減ってくるので、保湿を意識した化粧品を使いましょう。

<敏感肌の人は洗顔のし過ぎに注意!>
メイクをしっかり落としたくて、ゴシゴシ洗顔&クレンジングはNG。ゴシゴシこすると、必要以上に皮脂を奪って肌が乾燥する原因に。

<季節の変わり目は特に注意>
季節の変わり目に肌が敏感になる人は多いのでは。特に冬場の冷気による乾燥で、肌が白い粉をふいたりかゆみや赤みに悩む人が増えます。

<食生活、生活習慣の乱れ>
ストレスや睡眠不足、食生活の乱れ、偏食などが原因で新陳代謝が乱れ、肌トラブルの原因になります。

<アレルギー>
アレルギーが原因の敏感肌の場合は、まずアレルギー反応が起きる成分について、皮膚科などの専門機関でパッチテストを受けるのがおすすめです。テストによって、アレルゲンを特定し、それらの成分を含まない低刺激の化粧品を使用することで、トラブルを最小限にし、敏感肌対策ができます。

敏感肌におすすめの化粧品ランキングはこちら

敏感肌セルフチェック

お肌は、季節、生活環境の変化、年齢などによって微妙に変化します。

自分が敏感肌かどうかって、意外と自分では判断しにくいもの。

まずはチェックリストを使って自分の今の肌状態をセルフチェックしてみましょう!

<敏感肌チェックリスト>

今使用している化粧品が自分の肌に合っているのかわからない
今の洗顔やクレンジング方法が正しいか自信がない
化粧水やスキンケア用品で肌がしみたり、かゆくなったりすることがある
日焼け止めをあまり塗っていない
化粧水はコットンでパッティングしている
体や顔を洗う時は、念入りにゴシゴシと洗っている
お風呂上りや洗顔後にすぐ保湿をしない
クレンジングはシートタイプかオイルを使っている
マッサージやパックをよくしている
顔全体にニキビができやすい
髪の毛やアクセサリーが皮膚に触れるとかゆくなったりかぶれたりする
花粉症やぜんそくなどのアレルギー症状がある
引っ越しや旅行などで環境が変わると肌の調子が悪くなる
生理前後に肌が荒れやすい
睡眠時間が6時間以下
仕事や対人関係でストレスを感じている
不規則なライフスタイルを送っている
妊娠中や産後である
加齢による肌の変化を感じる

<診断結果>

チェック項目が5個以下
健康肌
チェック項目が5個以下のあなたのお肌は健康な状態です。
だからと言って気を抜かず、正しいスキンケや規則正しいライフスタイルを心がけましょう。

チェック項目が5~10個
敏感肌予備軍        
チェック項目が5~10個のあなたはちょっとした環境の変化や生活リズムなどの影響を受けやすいデリケートな肌状態にあります。肌に違和感を感じる前にきちんと予防してあげましょう。

チェック項目が10~15個
敏感肌要注意
チェック項目が10~15個のあなたのお肌はかなりデリケートな状態です。

今の生活や食事、スキンケアを今一度見直してみる必要があります。

チェック項目が15~20個以下
敏感肌
チェック項目が15~20個のあなたのお肌は敏感肌の可能性が高いです。スキンケアや生活環境を見直すだけでは改善されない恐れがあるため、医師の診断を受け、的確な処置をしてもらうのも効果的です。

敏感肌の改善方法

敏感肌チェックリストで「敏感肌要注意」「敏感肌」と結果が出た方は、対策が必要です。 敏感肌を改善する方法は 以下の5つです。

  • ・保湿を意識したスキンケアを行う
  • ・正しい方法で洗顔する
  • ・季節に応じたスキンケア対策をする
  • ・生活を整える(食生活・睡眠・ストレスを軽減など)
  • ・皮膚科で専門医の意見を聞く

〈保湿を意識したスキンケアを行う〉
敏感肌には、敏感肌化粧品でお手入れするのがおすすめです。選び方のポイントは、次項の「敏感肌化粧品の選び方のポイント」を参考にしてください。

〈正しい方法で洗顔する〉
敏感肌に刺激は厳禁。洗顔料をぬるま湯で泡立てて、泡を顔にのせて包み込むようにして洗い流します。1分~1分半を目安に手早く行いましょう。 詳しい方法はこちら 

〈季節に応じたスキンケア対策をする〉
お肌にとって紫外線は百害あって一利なし。1年を通じて紫外線対策は必要ですが、特に春から秋にかけてのシーズンは丁寧なUV対策を。また、乾燥しがちな冬場は、保湿効果の高い化粧品でのお手入れとともに、加湿器などで保湿環境を整えることも重要です。

〈生活を整える(食生活・睡眠・ストレスを軽減など)〉
敏感肌になる原因に、ストレスや生活習慣の乱れなどがあります。健康な肌に導くためには、内側からのメンテナンスも必要。

・良質の睡眠(6時間は確保)
・バランスのよい食事
・入浴でストレス解消など

健やかな毎日は、健やかな肌につながります。

〈皮膚科で専門医の意見を聞く〉
敏感肌の中には、アトピー性皮膚炎が原因の人もいます。そういう場合には、むやみに自分で改善しようとせず、専門医の支持の下で適切な処置をした方が良い場合もあります。また、皮膚科に行けば、効果の高い保湿剤を処方してもらえたり、自分の肌に合ったスキンケア方法を教えてもらえるといったメリットがあります。

敏感肌におすすめの化粧品ランキングはこちら

敏感肌化粧品の選び方のポイント

敏感肌化粧品の選び方のポイント

敏感肌が化粧品選びで押さえておきたいポイントは2つ

1.セラミド配合のものを選ぶ
2.肌に優しいものを選ぶ

◆セラミド配合のものを選ぶ

敏感肌の大きな要因は「乾燥」です。

間違ったスキンケアやストレス、食生活の乱れなどが原因で乾燥を招いているので、セラミド配合の化粧品でしっかり保湿することが重要です。

たっぷり保湿することで、肌の乾燥を防いでバリア機能の改善につながります。

<注目ポイント>
保湿するならセラミド配合を選ぶ!
肌を乾燥させるアルコールや角質除去成分は避けて、セラミドやヒアルロン酸配合の化粧品を選びましょう。 購入前に成分表をチェックして、配合成分を確認してください。 微量では、保湿の意味がないので、価格は3,000円前後を目安に選ぶと失敗がありませんよ!

◆肌に優しいものを選ぶ

敏感肌は肌に優しい化粧品を選ぶ

ただでさえ刺激を受けやすい状態の敏感肌…

これ以上肌が敏感になるのは避けたいので、毎日使う化粧品は配合成分の少ない、肌に優しく低刺激な化粧品を選びましょう。

<注目ポイント>
まずはトライアルセットで試す!
敏感肌と言っても肌質は人それぞれ違うので、必ずトライアルセットで自分の肌に合うかどうか試してから使用しましょう。最近では、敏感肌向け化粧品のほとんどが、リーズナブルな価格でトライアルセットを販売しています。ものによりますが、ほとんどが大体1週間程度、長い場合は2~3週間使えるくらいの量があるので、まずはそれで自分の肌との相性をチェックしてみるのが正解。

敏感肌に欠かせないセラミドとは?

セラミド

肌のバリア機能を担っているセラミドは、敏感肌の予防と改善には欠かせない重要な成分です。敏感肌や乾燥肌などの肌トラブルのほとんどは、このセラミドが不足することによって引き起こされます。

コラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分のほうが馴染みがあるかもしれませんが、実はセラミドの方が何倍も保湿力があるんですよ。

それはなぜかというと、セラミドが肌のバリア機能として働く『細胞間脂質』の50%を占める主成分だからなんです。

肌の水分を保ち、紫外線やアレルゲンなどの外的刺激から肌を守ってくれる重要な役割を果たしていたんですね。

セラミドには1~7まで種類がありますが、中でも「ヒト型セラミド」と呼ばれる、セラミド2が敏感肌に最も必要だとされています。

この「ヒト型セラミド」は、人間の体内にあるセラミドと同じ形をしているんです。ですが、同じ形というだけで、実際外からセラミドを浸透させることは難しいのが現状です。

そこで、多くの化粧品会社や製薬会社が研究を重ね、浸透力を高めるためにセラミドをナノ化したり、カプセル化したりするなどして工夫をこらしています。

セラミドがきちんと機能している肌というのは、潤いが豊富で、ちょっとの外的刺激にも負けない強い肌です。化粧品でセラミドを効果的に補い、健康な潤い肌を目指しましょう。

敏感肌化粧品ランキング

保湿成分をたっぷり配合した、敏感肌でも安心して使える敏感肌化粧品はこちら。

自分の肌に合うかどうかを試せるトライアルセットがある商品を選びました。

ディセンシア アヤナス
>公式サイトはこちら
ディセンシア つつむ
>公式サイトはこちら
資生堂 dプログラム
>公式サイトはこちら


ディセンシア アヤナス

ディセンシアサエル
保湿&美容成分を贅沢に配合。この成分でこのお値段は絶対にお得!

アヤナス
10日間トライアルセット1,480円(税込)

敏感肌専門ブランド「ディセンシア」が手掛けている「アヤナス」は、敏感肌ケア×エイジングケアの両方の肌悩みを同時にケアすることができる大人の女性のための化粧品です。

アヤナスに配合されている「セラミドナノスフィア」は、通常のセラミドの4倍もの浸透力をもつ保湿成分なので敏感肌を改善するだけでなく…

ほうれい線や目元のシワ、たるみ、黄くすみにも対応できる化粧品です。

公式サイトはこちら

◆実際にアヤナスを使用した人の口コミ

モチモチ肌になって肌荒れが改善された!
30代を過ぎたころから超敏感肌になって、カサカサ&ツッパリ感で悩んでいました。@コスメの口コミで見つけたこちらの化粧品を試してみたら…しっとり&モチモチ肌になって、肌荒れが改善されました。(35歳/乾燥性敏感肌)

肌に密着して水分がキープされてるみたい
かなりの乾燥肌で1年中ほぼカサカサ状態。何を付けても肌に合わなくて…悩んでいた時に出会ったのが「アヤナス」。これまでの化粧品と違って、肌に密着して、水分がキープされてるみたい。(33歳/乾燥肌)

肌がうるおって化粧ノリが良くなった!
敏感肌でオイリー肌の私…これまではベタベタ感が苦手でサッパリタイプばかり選んで使ってきたけど、最近何だか乾燥気味なので試しに使ってみたのが「アヤナス」です。しっとりタイプに変えたら、ウソみたいに肌が潤って化粧ノリが良くなりました。(42歳/敏感肌・オイリー肌)

◆最安値でアヤナスを試す方法

2016年秋にブランドロゴから内容までリニューアルされたアヤナスの10日間お試しトライアルセット。セット内容は、

セット内容は

  • ・アヤナス ローション コンセントレート 20mL
  • ・アヤナス エッセンス コンセントレート 10g
  • ・アヤナス クリーム コンセントレート 9g
  • ・アヤナス アイクリーム コンセントレート 1回分

10日間トライアルセットが通常2700円のところ、初回1,480円(税込、送料無料、30日間返金保証付き)で試せます。

公式サイトはこちら



ディセンシア つつむ

ディセンシアつつむ
より敏感肌な方のための低刺激シリーズ。こちらもコスパ◎

つつむ
10日間トライアルセット1,470円(税込)

敏感肌専門ブランド「ディセンシア」が手掛けている「つつむ」は、基本の保湿スキンケアとして多くの美容雑誌(MORE、美的など)やメディアで1位を受賞している化粧品として大注目。


実際に使用した92%の人が、「かゆみ・赤みがひどくて困っていたのに『つつむ』を使い始めてから肌トラブルがなくなった」「高い保湿効果によって気になっていたほうれい線が目立たなくなった」など、アトピー肌や超敏感肌に人でも安心して使用することができます。

公式サイトはこちら

◆実際につつむを使用した人の口コミ

ホントにしっかり保湿ができる!
花粉症の季節になると、鼻のかみすぎ&くしゃみで肌が荒れて顔がかゆいのが悩み。そんな私の救世主が「ディセンシアつつむ」。ホントにしっかり保湿ができるから、花粉症の季節でもメイクが崩れない優れもの!(35歳/乾燥肌)

もっちり肌になって化粧ノリが良くなった
生理前になると肌の状態が不安定になって、ニキビかゆみに悩まされるので、肌に合う化粧品を探していました。口コミで見つけた「つつむ」を使ってみてビックリ!ウソみたいにもっちり肌になって、化粧ノリが良くなりました。(38歳/オイリー肌・敏感肌)

肌がふっくら&毛穴が目立たなくなった!
今まで、こんなにも自分の肌にあった化粧品は初めてです。肌がカサカサで悩んでいたのが嘘みたいに潤ってる!?肌モチモチ~ふっくらして、毛穴が目立たなくなったのにはビックリです。肌に弾力が蘇って化粧が楽しくなりました。(38歳/敏感肌)

◆最安値でつつむを試す方法

スキンケア発想から生まれた、敏感肌用クレンジングが試せる「つつむ」のWEB限定のトライアルセット。

セット内容は

  • ・つつむ ジェントル クレンジング 1.3g×14回分
  • ・つつむ ジェントル ウォッシュ 10g
  • ・つつむ ジェントル クリームウォッシュ 1回分
  • ・つつむ ローションセラム E 14mL
  • ・つつむ フェイスクリーム 10g
  • ・つつむ フェイスクリーム S1 1回分
  • ・つつむ フェイスクリーム R1 1回分
  • ・つつむ デイ モイスチャーヴェール 1回分

10日間トライアルセットが初回限定1,470円(税込、送料無料、30日間返金保証付)でお試し中。

公式サイトはこちら



資生堂dプログラム

資生堂dプログラム
「ときどき敏感肌」を予防する資生堂の敏感肌ブランドに注目!

dプログラム
7日間トライアルセット 1,512円(税込)

40年も前から敏感肌の研究をしている資生堂が開発した、敏感肌用化粧品「dプログラム」。

dプログラムは、肌の状態に合わせて選べる4タイプ(にきび肌、乾燥肌、エイジング肌、アンバランスな肌)を、自分の肌状態から選んで使う化粧品です。


アルコール不使用、無添加、無香料、無着色、パラベン不使用なので安心安全で低刺激!

さらに、厳選された成分のみを使って作られているから、超デリケートな肌でも安心して使用することができます。

公式サイトはこちら


◆実際にdプログラムを使用した人の口コミ

付け心地良し!べたつきナシ!
定期的に肌荒れが起こるので、諦めかけていた時にネットの口コミで見つけた「dプログラム」。オイリー肌で乾燥肌の私は、アンバランスな肌だからバランスケアのセットを体験しました。付け心地は、べたつきナシ!でも、しっかり保湿ができているので気に入りました。(38歳/オイリー肌・乾燥肌)

しっかり肌が潤うのにサッパリ!
大人にきび&肌荒れに悩まされて、どこの化粧品を使っても肌に合わないので悩んでいました。アクネケアを試しに使ってみたら…べたつかないし、しっかり肌が潤うのにサッパリ。肌悩みは人それぞれ違うので、とりあえず体験してみることが大事!(26歳/にきび肌)

肌がしっとりして化粧ノリもいい感じ
アトピー肌なので、1年中肌がカサカサ。季節の変わり目は、特に肌荒れがひどいのが悩みです。化粧品は体験してみないと分からないので、モイストケアを試してみたら、肌がしっとりして化粧ノリもいい感じ。(18歳/アトピー肌&乾燥肌)

◆最安値でdプログラムを試す方法

ときどき敏感肌のために開発された資生堂の敏感肌用化粧品「dプログラム」。肌タイプで選べる4つのトライアルセットが7日間体験できる!

セット内容は

  • ・メイク落とし 2mL×2(2日分)
  • ・洗顔料 20g(7日分)
  • ・化粧水 23mL(7日分)
  • ・乳液 11mL(7日分)

10日間トライアルセットが初回限定1,512円(税込、送料無料)。エイジングケアのセットだけ1,836円(税込、送料無料)になっています。
今だけ、ラブリーな巾着+500円相当のクーポン付!

公式サイトはこちら



セラミド配合で選ぶなら小林製薬のヒフミド

高保湿成分セラミドが配合されたおすすめ敏感肌化粧品

小林製薬のヒフミド
トライアルセット 980円(税込)

「\あったらいいな/をカタチにする」小林製薬が販売している「ヒフミド」は、セラミドがたっぷり配合された化粧品です。

中でも、人の皮膚にもともと存在している「セラミド」と同じ構造を持つ「ヒト型セラミド1・2・3」を配合しているので、十分な保湿効果が期待できます。

無香料・無着色・低刺激・パラベン不使用・エタノール不使用なので、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

公式サイトはこちら


◆実際に小林製薬のヒフミドを使用した人の口コミ

インナードライ肌にはセラミドがおすすめ
インナードライ肌なのが最近の悩み。調べてみたらインナードライ肌にはセラミドが効果的だと知り、ネットの口コミで高評価だったヒフミドを体験。使い始めて3日目くらいから肌の弾力が戻ってきたみたい!(33歳/インナードライ肌)

化粧直しの回数が減った!
前から気になっていたヒフミドのトライアルセットを体験。1週間使ってみたら、肌がしっとり&スベスベに!化粧直しの回数も減ったので、このまま使ってみようと思います。(46歳/敏感肌)

朝起きた時の肌がしっとり&ハリも出た!
季節の変わり目や体調の悪い時に鏡を見ると、肌に水分が足りてない感じ。だけどヒフミドを使い始めてからは、朝起きた時の肌がしっとりしていて乾燥知らずに!肌にハリも出てきました。(51歳/乾燥肌)

◆最安値でヒフミドを試す方法

保湿力3倍の「ヒト型セラミド1・2・3」を全アイテムに配合した、ヒフミドのお得なトライアルセットが…税込み980円!
セット内容は

  • ・クレンジングミルク 10mL
  • ・洗顔ソープ 16g
  • ・保湿化粧水 20mL
  • ・保湿クリーム 4g
  • ・日焼け止め・化粧下地 5g

1週間トライアルセットが980円(税込)。今なら、トライアルセットに通常価格3,240円(税込)のエッセンスローション(120mL)が付いた[ヒフミド]チャレンジセットが1,500円(税込、送料無料)で試せます。

公式サイトはこちら

敏感肌の正しいスキンケア方法

スキンケア

敏感肌はバリア機能が低下して刺激に弱くなっている肌なので、先ずは正しいスキンケアで肌の乾燥を防ぐ事が重要です。抑えておきたいお手入れポイントは3つです。

  • 1.ゴシゴシ洗顔はNG!
  • 2.洗顔後は直ぐに保湿する
  • 3.ファンデーションはパウダータイプを選ぶ

1.ゴシゴシ洗顔はNG!
ゴシゴシとこすって洗顔すると、必要以上に皮脂をとりすぎてしまうので注意しましょう。健常な肌というのは、水分と油分のバランスが良い状態です。油分は敵ではなく、肌に必要な要素なんですよ。

2.洗顔後は直ぐに保湿する
洗顔後は必ず化粧水を付けて、乳液orクリームで保湿しましょう。(クリームのべたつきが気になる場合は美容液がおススメです)

3.ファンデーションはパウダータイプを選ぶ
原因は肌の乾燥なのに、どうしてリキッドファンデーションではなくパウダーファンデーションなのかというと…

リキッドファンデーションには防腐剤や乳化剤が配合されているので敏感肌には刺激になります。

紫外線による日焼けも敏感肌には大敵!日焼け止めを塗った後にパウダーファンデーションを重ねてつけることで、紫外線を跳ね返すことができます。

敏感肌を改善する食生活

敏感肌と食べ物

日々の生活で口にしているものは、お肌の状態に大きく影響します。

栄養の偏った不摂生を続けたり、ストレスのかかる生活を送っていると、肌の角質層もストレスを受け、乾燥してしまいます。

免疫力の低下した肌は、外部からの刺激を受けやすく、敏感肌だけでなく様々な肌トラブルを引き起こしがちです。

「お肌が敏感になっているな」と感じたら、一度自分の食べているものを見直してみましょう。

敏感肌が積極的にとるべきなのは、ビタミン

敏感肌が、積極的に食事に取り入れてほしいのが、ビタミンを多く含む食材です。

特に肌を守ってくれる重要なビタミンは、角質層を生成し、弱った肌を修復してくれるビタミンAと、コラーゲンを生成しながら肌の老化を防いでくれるビタミンCです。

<ビタミンが多く含まれる食材>

じゃがいも、さつまいも、ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、アセロラ、キウイ、いちご

敏感肌が避けるべきなのは、炭水化物と冷たい食べ物

カップラーメン、パスタ、パンなど炭水化物や脂質の多い食べ物は、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、敏感肌にはよくありません。

こうした食べ物には、肌の再生に必要な栄養素が不足しており、逆に肌荒れを起こしやすくさせてしまいます。

小麦や大麦などに含まれているグルテンは、アレルギーを引き起こす可能性があります。

冷たい食べ物は、血行が悪くなるので控えましょう。欠航が低下すると、肌の代謝も悪くなります。

肌の再生に必要な栄養素が肌に行き渡らなくなり、乾燥が悪化してしまう恐れがあります。

生野菜をとるのはいいですが、摂りすぎには注意しましょう。

敏感肌のニキビケア

ニキビ

敏感肌は、肌が過敏な状態になっているため、ニキビもできやすくなります。

肌は、本来水分と油分が混合した皮脂膜におおわれており、紫外線をはじめとする外的刺激から肌を守ってくれています。

しかし、肌が乾燥し、水分量が減ると、保湿力が低下すると同時に、肌本来の「バリア機能」までも低下してしまうんです。

バリア機能が低下している肌は、角質が乱れ、毛穴も狭くなっています。狭い毛穴には、皮脂が詰まりやすく、アクネ菌が繁殖してニキビになりやすいんです。

なぜ乾燥している肌にニキビが出やすいの?

ニキビというと、皮脂の多い肌に良くできるイメージがあるかもしれません。でもすでにお話しした通り、実は乾燥した肌もニキビの原因になることがありあす。

水分が減ることによって、角質が乱れ、皮脂が毛穴に詰まりやすくなる、というサイクルが出来上がってしまうためです。

肌が乾燥して水分が飛び、カサカサになった角質が肌に潤いを与えるために、毛穴から皮脂を出させようとさせるためです。

健常肌の人でも冬の冷たい風やエアコンなどで終始ダメージを受けやすいのですが、敏感肌をお持ちの方はさらに肌がデリケートですので、肌が倍のダメージを受けることになります。

それによって角質から水分が沢山飛び、肌が潤いを与えようと毛穴から皮脂を必要以上にたくさん出すので、その結果敏感肌の方はニキビになりやすいのです。敏感肌の方は特に冬場、いつもより念入りにニキビケアをすることをお勧めします。

敏感肌のニキビ対策

敏感肌は肌のバリア機能が低下した肌で、外からの刺激を受けやすく化粧品などがしみたり、かゆみが出たりしやすくなっている状態です。

乾燥肌のニキビを治すには、敏感肌、乾燥肌の改善に力を入れることが一番近道です。何度も繰り返し言っている通り、保湿がカギになってきます。

帰宅するとすぐにメイクを落とすことが重要です。

クレンジングは、油分と水分のバランスが良いクリームタイプカジェルタイプがおすすめです。オイルタイプのクレンジングには、界面活性剤や防腐剤が使用されているものが多く、必要な皮脂まで取り除いてしまうため、できるだけ避けましょう。

クレンジングは、敏感肌ニキビにとって最大の難関です。肌に負担をかけず、合成的に作り出されたメイク料をきれいに落としましょう。

クレンジング料は、優しく肌になじませていくようにメイクを落とし、ぬるま湯で洗い流します。

洗顔は、肌に優しい石鹸がおすすめです。しっかり泡立てて、なでるようにぬるま湯で洗い流していきます。すすぎ残しは新たなトラブルを招いてしまいかねないので、注意しましょう。

肌に必要な油分まで洗い流さないように、洗浄力が強すぎるものは使用しないようにしましょう。

化粧水や美容液で水分を補い、しっかり保湿していきましょう。この時、ニキビケアのための抗菌・殺菌作用のあるものを使用すると効果的です。特に、薬用化粧水が効果的。

敏感肌のニキビの場合、油分の多いクリームはニキビ悪化の恐れがあるため、使う場合は少量にするようにしましょう。

敏感肌におすすめの化粧品ランキングはこちら

敏感肌のエイジングケア

アンチエイジング

敏感肌にとってエイジングケアはとても重要です。なぜなら、敏感になっている肌は、外的刺激を受けやすいだけでなく、シミやたるみが発生しやすくなっています。

また、敏感肌は健常な肌に比べて+11歳も老て見えてしまうんですよ。これは、敏感肌専門スキンケア化粧品を開発しているディセンシアが行った調査の結果なんです。

そんな状態を放っておくと、お肌の老化はどんどん加速していきます。あの時始めておけばよかったと後々公開する前に、今すぐエイジングケアを始めましょう。

敏感肌向けエイジングケアの3つのポイント

(1) 保湿成分配合の化粧品を選ぶ

敏感肌の人がエイジングケア化粧品を選ぶ時に重要なのが、「保湿成分」が配合されていることです。

低刺激かつエイジングケアも期待できる有効成分は、どんな化粧品にも配合されているとは限らないので、購入前は成分表を細かくチェックするようにしましょう。

保湿効果が高いセラミドなどの成分や、アンチエイジング効果が期待できるビタミンC誘導体、ナイアシンなどが入っているかをチェックしましょう。

新しく化粧水などを購入する前には、肌の内側など、皮膚の柔らかいところに少量塗ってみて、肌にとって問題がないかどうかを試してみるとよいでしょう。

(2) エイジングケアに特化した商品を選ぶ

エイジングに着目した商品も最近では多く売られています。

それぞれのアンチエイジング化粧品には特徴があるので、まずは自分の肌状態を知ることが重要です。例えば、シミに効果的なビタミンCが豊富に配合されているもの、皮脂分泌をコントロールしてくれるものなどがあります。

それぞれの商品のメリットを比較してみるのがおすすめです。

ほとんどの化粧品メーカーがサンプルやトライアルキットを販売しているので、そちらで一度自分の肌に合うか試してみるのが良いでしょう。

例えば、シミに効果的なビタミンCが豊富に配合されているもの、皮脂分泌をコントロールしてくれるものなどがあります。

(3) 肌に刺激を与える成分は避ける

アルコールや香料など肌の刺激になる成分を使用していない、敏感肌のアンチエイジングのために開発された化粧品も販売されているので、このような製品を選ぶと安心です。

一方で、乾燥だけでなくアレルギーなどが敏感肌の原因となっている可能性もあるので、肌の状態が改善されない場合には専門医に相談するようにしましょう。

敏感肌とアトピー性皮膚炎の違い

アレルギー

刺激物によって肌が荒れたり、赤みが出たりすることや、極度に肌が弱い状態になることなど、共通する点が多い敏感肌とアトピー性皮膚炎(アレルギー性皮膚炎)。

似ているようですが、実はこの二つには違いがあります。

敏感肌とアトピー性皮膚炎の共通点は、「肌本来のバリア機能が低下した状態」であるということです。

アトピー性皮膚炎は、それに加えてアレルギー反応もあるという点で異なります。

アトピー性皮膚炎は、先天的な要因が原因のことが多いですが、最近ではストレスや生活環境などの後天的な要因が原因で、大人になってから成人型アトピー皮膚炎を発症する人が増えています。

敏感肌は顔を中心に症状が現れることが多いですが、アトピー性皮膚炎は、顔だけでなく、全身に症状が出る傾向にあるのも特徴。

敏感肌からアトピー性皮膚炎になることも

弱くなった敏感な肌状態に、アレルギー反応が加わり、アトピー性皮膚炎になってしまうこともあります。

敏感肌の場合、外部の刺激によって、赤くなったり、かゆくなったり、腫れたりしますが、アトピー性皮膚炎の場合は、アレルギーを持っていることが多いため、アレルゲンに直接触れたり、口にしたりすることによって、症状が現れます。

敏感肌とアトピー性皮膚炎のケアで重要なのは「保湿」

敏感肌であっても、アトピー性皮膚炎であっても、ケア方法は基本的に同じです。

敏感肌もアレルギー性皮膚炎も、肌は非常に敏感な状態になっているので、刺激を与えないよう、優しく扱うということは大前提です。

ポイントとなるのは、繰り返しになりますが、「保湿」です。肌の皮脂と水分のバランスを整え、十分な潤いを与えることが何よりも重要です。

ケアを行うタイミングとしては、肌が最も乾燥するお風呂上りに行うようにしましょう。

敏感肌のケア方法の手順としては、手でクリームやジェルをなじませて、肌に塗るようにします。手の平になじませることによって、手の温度で浸透しやすくすることが出来ます。

浸透力に優れたセラミド配合の化粧品などを選び、肌にしっかりと潤いを与え、バリア機能を改善し、ハリのある肌状態っをキープしましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸などがありますが、効果が高いものは、セラミドが配合されいる商品です。

アトピー性皮膚炎の場合は、使用できる化粧品も限られてきてしまいますが、基本的に保湿中心のスキンケアが効果的であることは、敏感肌と同じです。

月経(生理)と敏感肌の関係

月経前の敏感肌

生理前や生理中に体調が悪くなる、肌の調子が優れない、などといった悩みは女性なら誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

生理は、『卵胞ホルモン(エストロゲン)』と『黄体ホルモン(プロゲステロン)』といった女性ホルモンによってコントロールされています。

この2つのホルモンは、生理周期によって量が増えたり減ったりしますが、これが肌荒れの原因となります。

月経(生理)前にできる肌ケア

生理前は、『卵胞ホルモン(エストロゲン)』に比べて、『黄体ホルモン(プロゲステロン)』の量が多くなり、自律神経が乱れやすくなります。そのため、イライラしたり、感情の起伏が激しくなったり、精神的に不安定な状態が続きます。

それだけでなく、ニキビや肌荒れも起こりやすくなるため、ストレスフリーな生活を心がけることが大切です。

具体的には、アルコールを控える、高カロリーのものは避ける、紫外線対策をする、などの対策を行いましょう。

月経(生理)中にできる肌ケア

生理中は、健常な肌状態をキープしている『卵胞ホルモン(エストロゲン)』と『黄体ホルモン(プロゲステロン)』の量が少なくなっており、肌が乾燥してカサついたり、肌荒れも増えます。

また、疲れや体のむくみなども出やすい時期ですので、十分な睡眠時間をとり、体をいたわってあげてください。

生理中には、まず体を冷やさないこと、そして念入りに保湿することが重要です。ピーリングやパック、脱毛などは、刺激が強いので控えましょう。

生理中の嫌な肌トラブルを避けるには

普段の生活で生理中に負けない強く美しい肌状態を作ることができます。

いちばん手っ取り早いのは、内側からの改善です栄養バランスのとれた食生活を意識することで、肌は驚くほど生まれ変わります。

積極的に摂取したい栄養素は、ビタミンB6です。ビタミンB6には、神経機能を整えたり、免疫力を高めるなどの効果があり、ストレスを軽減することができます。

ビタミンB6が多く含まれる食材は、バナナ、マグロ、鶏レバーなどがあげられます。

敏感肌のQ&A

敏感肌のQ&A

Q1. 敏感肌の顔のうぶ毛の処理はどうしたらいい?

A. 外部刺激に対して肌が赤くなったり痒みが出たり、普通の人より反応しやすい肌を一般に敏感肌と呼びます。敏感肌の人は顔のうぶ毛のムダ毛の処理にも注意が必要になります。どうして注意が必要かというと、カミソリで処理すると、角質層を削ってしまうからです。剃る場合は、剃り方に注意してください。毛の生え方に沿って剃り、同じ箇所を何度も剃らず1回通らせるだけにしましょう。日差しが出ている時間帯は避け、できれば寝る前が一番うぶ毛処理に最適な時間になります。なぜなら寝ている間は、細胞修復もしやすくなるからです。

Q2. 敏感肌は角質ケアをするべき?

A. 敏感肌の角質ケアには、石鹸や拭き取るタイプのピーリングはおすすめしません。ピーリングとは、28日周期で肌が生まれ変わるターンオーバーを正常にするために古い角質を取り除く角質ケアのことですが、敏感肌の方が迂闊に行うとさらに肌状態が悪化してしまいます。 敏感肌は、生まれつき体質によるものの他に、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアにより肌が荒れている状態です。肌を守る角質層のバリア機能が低下していて紫外線や花粉等の刺激により肌がダメージを負っているので、そこへ皮膚の表面を削るピーリングをしてしまうとさらに肌がダメージを負うことになります。 もし、角質ケアを行うなら石鹸や拭き取るタイプではなく、低刺激で肌に優しいジェルタイプをおすすめします。

Q3. 敏感肌ですが皮膚科に行くべき?

敏感肌は自分でケアすることで改善することが可能ですが、それでも治らないようなら、一度皮膚科に行ってみてもいいかもしれません。 専門家からの目線でないと見つからない、あなたの肌に対する適切な処置やアドバイスなどもありますし、それを知ることで、間違った肌の手入れや生活習慣を見直すきっかけができ、肌状態が改善しやすくなります。

Q4.敏感肌の保湿にワセリンって効きますか?

外部刺激による肌への負担を軽減して、それらの刺激物が毛穴に詰まるのを防ぐ役割を果たしてくれるワセリンは、敏感肌のケアにも最適です。敏感肌は、できるだけ刺激を与えず、シンプルケアをおこなうことが望ましいです。その使い方は、米粒大を少し温めながら薄く肌にのせ手のひらで伸ばすだけと、簡単ですがベタベタになるほど過剰に塗り過ぎたりといった誤った使い方でトラブルをおこしがちなので、正しい使い方でワセリンを利用し、敏感肌の改善に役立てましょう。

Q5. 敏感肌ですが、自分に合った化粧品ってどうやってみつけたらいいですか?

まずは自分に合っているかどうか試すことが肝心です。試す方法としては化粧品を、十円玉の大きさくらい腕の内側かあごの裏側に塗ります。そしておよそ24時間様子をみてみます。それで何事もなければ一応安心ですが、それでも心配なら48時間様子をみます。敏感肌は乾燥しやすいので、化粧品は保湿成分が入ったものを使うことをお勧めします。角質層で肌の乾燥を防ぎ保護する働きを持つセラミドの成分が入っているものを選ぶことが望ましいといえます。

Q6.ドラッグストアでも買えるプチプラな敏感肌化粧品を教えてください。

ドラッグストアで手軽に買える化粧品で、敏感肌におすすめの化粧品は、化粧水とベビーパウダーです。 敏感肌の方は、お肌が荒れたり赤くなってかぶれやすいこともありますが、高価な化粧品でそういったアレルギー反応が出てしまうと「せっかく買ったのに、何だかもったいないな」ということで損をした気分になりますよね。コスパが低い化粧水とベビーパウダーなら、もしお肌に合わなくても比較的低価格で抑えることが出来るのでおすすめです。

Q7. 肌の抵抗力が弱まるってどんな状態なんですか?

抵抗力の弱った肌は、周囲の環境によって荒れやすい状態です。そのうえ、間違ったスキンケアや脂っこい食べ物などによって簡単に肌にダメージを負いやすくなっています。敏感肌の人は特に、脂っこい食べ物を食べたり、間違ったスキンケアをしないようにできるだけ心がけることが大切です。

Q8. 敏感肌でもレーザーできますか?

できます。敏感肌向けの弱いレーザーによるシミ取りレーザー治療もありますので、それを利用しましょう。 レーザー治療は美白効果と肌質改善を催します。敏感肌の場合は、健常な肌の人よりも弱いレーザー放射をすることによって、ターンオーバー促進などの効果を取り入れることが出来ます。

Q9. 肌トラブルになりやすい成分を教えてください。

敏感肌が肌荒れや肌の赤み、かぶれなどの肌トラブルになりやすいのは、刺激の強い成分や安息香酸などの保存剤、メチルパラベンなどの防腐剤や香料が入っている場合です。また、タール色素などの合成着色料も大きな肌トラブルにつながりやすいです。できるだけ、原材料名がたくさん書かれていない化粧品を選ぶようにするとよいでしょう。保存剤や防腐剤が含まれていないものは腐敗しやすいですがその点、肌への刺激も低いのでおすすめです。

Q10.オーガニックやノンケミカルの化粧品は敏感肌に良い?

オーガニックだからといって肌に優しいとは限りません。 オーガニックは普通の肌の人にとっては優しい素材かもしれませんが、敏感肌にとっても優しい素材で作られているとは明記されていません。むしろ自然そのものを原料としているため、不純物が含まれる可能性が高く、それが肌あれやかぶれを起こす場合があります。

敏感肌化粧品のまとめ

いかがでしたか?敏感肌で悩んでいる人のお役に少しは立てたでしょうか?

敏感肌化粧品の選び方のポイントは、

・たっぷり保湿ができる
・低刺激な化粧品を選ぶ


この2つの条件をクリアしている敏感肌におススメの肌に優しい化粧品は、

・敏感肌専門ブランド「ディセンシア アヤナス」(エイジングケア)
・敏感肌専門ブランド「ディセンシア つつむ」(しっかり保湿)


が特におすすめです。敏感肌の人は必ずトライアルで試してから、肌に合った化粧品を選ぶようにしましょう。

↑ PAGE TOP